ダメンズ

    【週刊文春】愛之助が紀香に内緒で元愛人を披露宴に招待!

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1475651351


    mnewsplus_1475651351_81001

    1:三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/10/05(水) 16:09:11.82 ID:CAP_USER9.net
    週刊文春 10月5日 16時6分配信

     9月28日、帝国ホテル「孔雀の間」で執り行われた歌舞伎俳優・片岡愛之助(44)と
    藤原紀香(45)の結婚披露宴に、愛之助の元愛人が出席していたことがわかった。


     元愛人は都内に暮らす30代後半のシングルマザー。知人の紹介で愛之助の楽屋を
    訪れたことをきっかけに知り合い、2012年から2013年にかけて交際していた。
    結果的には、タレントの熊切あさ美(36)との二股交際だったという。

    週刊文春」では元愛人が新郎新婦と並んで写るスリーショット写真を入手。詳しくは
    10月6日発売号で報じる。

    <週刊文春2016年10月13日号『スクープ速報』より>

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161005-00006638-sbunshun-ent
    【【文春】愛之助が紀香に内緒で元愛人を披露宴に招待!】の続きを読む

    【週刊文春】第二子を妊娠中の小倉優子(32)、カリスマ美容師の夫(45)が事務所後輩アイドル(25)と“ゲス不倫”状態

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1470122816


    o0480036012219739744

    1:かばほ~るφ ★@\(^o^)/:2016/08/02(火) 16:26:56.85 ID:CAP_USER9.net
    小倉優子の夫と事務所後輩アイドルの“ゲス不倫”撮!
    2016.08.02 16:02

    ママタレとして活躍する小倉優子(32)の夫で、SMAPのヘアメークなども担当する
    カリスマ美容師の菊池勲氏(45)が、アイドル女性の自宅へ通う様子を週刊文春が撮影した。
    妻の小倉は現在、第二子を妊娠中だ。

    〈安定期に入りましたので、ブログにてご報告させていただきます。
    4歳の息子は、お兄ちゃんになる日を心待ちにしているようで、
    お腹の赤ちゃんに楽しそうに話しかけています〉(6月16日、小倉のブログより)

    だが、菊池氏は妊娠中の妻をほったらかし、“ゲス不倫”状態にハマっていた。相手は馬越幸子(25)。
    癒し系アイドルグループ「ユルリラポ」のメンバーで、小倉と同じ事務所に所属している。

    取材班は馬越の自宅マンションから馬越と二人で出てきた菊池氏を直撃した。
    菊池氏は不倫関係を否定し、こう話した。

    「このあと、妻に話します。信じてくれというか、こういうことあって、
    あれなんだけど、そこは信じてほしい。本当に申し訳ないと伝えます……」

    小倉と馬越が所属する事務所に事実確認を求めると、
    「馬越に聞き取りをしたところ、『ご迷惑をかけてすいません』と反省していました。
    今後の対応については、小倉の心情をいちばんに考慮して決めていきます」と回答した。

    現場写真を含め、詳しくは「週刊文春デジタル」で8月3日午前5時に公開する。

    週刊文春
    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6438
    【【文春】第二子を妊娠中の小倉優子、カリスマ美容師の夫が事務所後輩アイドル(25)と“ゲス不倫”状態】の続きを読む

    高島礼子離婚届提出 高知東生捨てられる

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1470093735


    189_336656

    1: テキサスクローバーホールド(dion軍)@\(^o^)/:2016/08/02(火) 08:22:15.78 ID:vViBrVG40.net BE:448218991-PLT(13145)
    高島礼子離婚届提出 高知被告のダブルの裏切りに決断

     女優の高島礼子(52)が1日、覚せい剤取締法違反(使用、所持)の罪で
    起訴された元俳優で夫の高知東生被告(51)との離婚を発表した。

     所属事務所が報道各社にファクスで、高島から離婚届を提出したとの連絡が
    あったことを報告。「この選択をご理解いただき、今後とも温かく見守って
    くださいますようお願い申し上げます」とした。夫の逮捕後に涙の謝罪会見を
    行ってから1カ月。薬物と浮気、ダブルの裏切りについに決断を下した。

     高島はテレビ朝日の主演ドラマ「女たちの特捜最前線」(木曜後8・00)の
    撮影を終え、保釈翌日の30日に帰京。一方の高知被告は勾留中に弁護士を通じて署名、
    押印済みの離婚届を送付。それなのに保釈の際には「早く会いたい」と妻への思いを
    口にしていた。

     高島は、6月の謝罪会見で「今後の彼の動向を見て、決断をしなければ」と話すなど
    最後まで「離婚」の2文字を口にせず、複雑な女心をのぞかせており、
    この高知被告の妻を揺さぶるような動きに「まだ彼女の心を乱すつもりなのか」と
    周囲では警戒する人もいた。

     離婚届は出したものの、慰謝料、財産分与など離婚の条件面については
    これからになるという
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/02/kiji/K20160802013080010.html
    【高島礼子離婚届提出 高知東生捨てられる】の続きを読む

    【社会】15年間女性20人から1億6千万円 結婚詐欺容疑で5回目逮捕

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1467784660


    cd4-1

    1:たんぽぽ ★:2016/07/06(水) 14:57:40.09 ID:CAP_USER9.net
    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160706_13043.html

     婚活パーティーで知り合った男に仙台市の女性が現金をだまし取られた結婚詐欺事件で、仙台中央署は5日、別の女性から約510万円をだまし取った詐欺の疑いで、本籍千葉市、無職末永浩二容疑者(50)を再逮捕した。逮捕は5回目。
     逮捕容疑は2010年2月1日~11年11月15日、大手航空会社の整備士と偽り、仙台市内のお見合いパーティーで知り合った相馬市の女性会社員(37)に「マンションを買って一緒に住めば転勤がなくなる。450万円出してほしい」などとうその結婚話を持ち掛け、4回にわたり頭金名目などで計約510万円をだまし取った疑い。中央署によると「話したくない」と認否を留保している。
     容疑者は約15年前から同様の手口を繰り返し、宮城や東京など1都5県の女性20人から計約1億6000万円をだまし取ったとみられる。他にも複数の被害届が出されており、中央署が調べている。
    【15年間女性20人から1億6千万円 結婚詐欺容疑で5回目逮捕】の続きを読む

    【芸能】俳優デビュー前、AVスカウトマンをしていた高知東生“ヒモ”半生 超人気AV女優と結婚→高島礼子と再婚 人たらしの甘ったれ

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1467361040


    20150701_takachinoboru_01

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/01(金) 17:17:20.04 ID:CAP_USER9.net
    覚醒剤などの不法所持で逮捕された元俳優、高知東生容疑者(51)。転落の陰から見えてくるのは、“生来の人たらし”と“ヒモ”半生だった。

    俳優デビュー前、AVスカウトマンをしていた高知容疑者。
    渋谷界隈のスカウト関係者の間では、本名である大崎丈二から「ジョージ」と呼ばれていた。

    「普通、スカウトマンのイケメンといえば、相場はチャラ男だったが、彼は異性だけでなく、同性、特に年上にもかわいがられる不思議な魅力があった。
    当時、売れっ子AV女優を多数抱えていた事務所関係者からも『ジョージ、ジョージ』と目にかけられていた」と業界関係者。

    それを象徴するのが最初の妻であり、元AV女優のあいだももとの結婚だ。関係者は明かす。

    「あいだは90年のAVデビュー時、複数のビデオメーカーが同時に売り出した鳴り物入り。
    それがわずか5カ月で引退し、91年に結婚。業界の常識的にスカウトマンと超人気AV女優の結婚なんてありえない。
    しかしあいだの事務所社長は『まあジョージだから』とお咎めなしだった」

    あいだとの結婚は、当時16本のビデオに出演し稼いだ数千万円のギャラ目当てだったとの声もある。
    その後、今度は女優、高島礼子(51)と再婚し、さらに成り上がっていく。

    「当時は格差婚と騒がれたが、高島は高知に心酔していた。結婚に猛反対していた高島の父すら最終的には取り込む“人たらし”ぶり。
    たらし込んで、うまい汁を吸う。結局は甘ったれたヒモでしかなかったというわけだ」と高知容疑者を知る出版関係者。

    http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160701/enn1607011140005-n1.htm
    2016.07.01
    mnewsplus_1467361040_101


    【デビュー前、AVスカウトマンをしていた高知東生“ヒモ”半生 超人気AV女優と結婚→高島礼子と再婚 人たらしの甘ったれ】の続きを読む

    このページのトップヘ